DVSIの低データレート音声圧縮ソフトウェア、ケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSPで使用可能に

 電子設計のイノベーションで世界をリードするケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、12月10日(米国時間)、Digital Voice Systems, Inc(DVSI)のAMBE® Advanced Multi-Band Excitationワイドバンド・デコーダ用ソフトウェアがケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSPファミリに移植され、低ビットレートでの高品質な音声圧縮技術が強化されたと発表しました。
 テンシリカのHiFiオーディオ・ボイスDSP IPの詳細については、以下のurlをご参照ください。http://www.tensilica.co.jp/index.php?page=audio

DVSI社コメント:
Robert Maher 氏(Director of Sales and Marketing)
「ケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSPファミリは、我々のAMBE音声圧縮製品向けの理想的で効率のよいプラットフォームです。テンシリカのDSP IPファミリは、オーディオ・ボイス処理向けに最も広範囲に使用されており、我々のソフトウェアにより、お客様は実際の環境において低データレートでの優れた音声品質を実現できます。」

ケイデンス・コメント:
Larry Przywara(米国ケイデンス、Director of Audio/Voice IP)
「DVSIのソフトウェアは、低ビットレートで音声の明瞭さと自然さを保ちながら、バックグランンドの雑音やチャネル・エラーを防ぐことができます。ケイデンスのHiFiオーディオ・ボイスDSPと組み合わせることで、お客様は競合力のある差別化が可能となり、第一級の音声品質にアクセスすることができます。」

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。