マイクロソフト、ケイデンスのテンシリカ・プロセッサをXbox One向けに採用

Linley GroupがMicroprocessor ReportにおいてXbox Oneを深く分析

 電子設計のイノベーションで世界をリードするケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、2月12日(米国現地時間)、Microsoft Corporation(マイクロソフト)が、Xbox Oneのオーディオ・サブシステムに4種類のテンシリカ・プロセッサを採用したと発表しました。本件は、Linley Groupが発行するMicroprocessor Reportにおける「Inside the Xbox One Mega-SoC」 (注) の記事で紹介されています。テンシリカのプロセッサに関する詳細情報については、以下のURLをご参照ください。http://ip.cadence.com/ipportfolio/tensilica-ip

(注)Microprocessor Reportを読むには購読料が必要です。

ケイデンス・コメント:
Larry Przywara(米国ケイデンス、Director of audio/voice IP marketing ):
「高品質のオーディオは、ゲーム全般のユーザー体験において大変重要な要素です。マイクロソフトは、100種類を超えるソフトウェア・パッケージがすでにHiFi向けにポーティングかつ最適化され、強力なオーディオ・コーデックのエコシステムがサポートされていることを評価し、テンシリカのHiFiテクノロジをXbox One向けに選択しました。マイクロソフトは、ケイデンスが提供するカスタマイゼーションのテクノロジを活用し、高品質なオーディオの実現に最適なソリューションを迅速に構築することができました。」

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。