Movea のSmartMotionテクノロジ、ケイデンスのテンシリカHiFi オーディオ・ボイスDSP ファミリにポーティング

 電子設計のイノベーションで世界をリードするケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)と、コンシューマ・エレクトロニクス用のモーション・プロセッシングおよびデータ・フュージョン・テクノロジの先駆者であるMovea社(Movea)は、2月18日(米国現地時間)、 Moveaの SmartMotion™テクノロジがケイデンスのテンシリカHiFi オーディオ・ボイスDSP(digital signal processor) IPコア・ファミリにポーティングされたと発表しました。このソフトウェアは、2014年5月より提供予定です。

 スマートフォンやタブレット端末などのモバイル・コンシューマ機器に使用されるMoveaのSmartMotionテクノロジは、動作のモニタリング(Activity Monitoring)、コンテキスト認識、歩行者推定航法(Pedestrian Dead-Reckoning:PDR)、モバイル・ジェスチャなど、センサ・データを重要な個人情報に変換することで、強力なモーションドリブンなアプリケーションやサービスを提供して消費者のユーザー体験を向上させます。
このテクノロジは、スペインのバルセロナにて2014年2月24日から27日まで開催されるMobile World Congressのケイデンス・ブースにて紹介されます。

 テンシリカのHiFi Miniオーディオ・ボイスDSPコアは、ケイデンスの最小で最も消費電力の低いDSPコアです。このコアにより、ボイス・アクティベーション、センサー・フュージョン、および付随する電力管理を含む常時稼働のアプリケーションを実現します。また、テンシリカのHiFi Miniオーディオ・ボイスDSP コアは、HiFiファミリとのソフトウェア互換性により、さらに複雑な音声認識やオーディオ・ボイス・コーデックを実行することができます。
製品の詳細情報については、以下のURLをご参照下さい。
http://ip.cadence.com/ipportfolio/tensilica-ip/audio.

Movea社コメント:
Sam Guilaumé氏(CEO):
「コンシューマ・エレクトロニクス業界は、製品を差別化し、強力なユーザー体験を提供するために、スマートフォン、タブレット端末、そしてウェアラブル機器に様々な機能を急ピッチで追加し始めています。我々の最新のテクノロジをケイデンスのテンシリカHiFi オーディオ・ボイス DSPコアにポーティングすることは、超低消費電力なスマート・デバイスに対するスマート・ソリューションです。OEM企業は、増大するモーション・プロセッシングの要求性能に対して、その処理をホスト・プロセッサからオフロードすることによりバッテリー寿命を延長しつつ、迅速かつ容易に強力なユーザー経験を提供することができます。」

ケイデンス・コメント:
Larry Przywara(米国ケイデンス、Director of Audio/Voice IP Marketing):
「ケイデンスのHiFi DSPアーキテクチャは、最も低い消費電力でサービスを常時稼働させなければならない常時稼働アプリケーションにとって理想的と言えます。Moveaの革新的なSmartFusionテクノロジは、我々のHiFi DSPファミリが実現する消費電力の削減と、演算性能を最大限に活用し、ユーザーに対してユニークなモーション・プロセッシング体験を提供するソフトウェアの好例です。」

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。