SPLのVitalizer車内オーディオソフトウェアがケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSPファミリーで利用可能に

電子設計のイノベーションで世界をリードするケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)とプロフェッショナルオーディオ企業であるSPL Electronics GmbH(以下、SPL)は、9月2日(米国現地時間)、SPLのVitalizer®ソフトウェアが、ケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSP(デジタル信号処理)ファミリーに移植されて利用可能となったことを発表しました。

自動車メーカーや主要な車載インフォテイメント・サプライヤーは、もっとも効率的で高品質なオーディオ体験を必要としています。SPLの高く評価されているVitalizerソフトウェアは、このようなニーズに対して、最高の豊かなサウンドを提供します。このソフトウェアには高級スピーカーは必要なく、人間の聴覚特性を考慮しながら、特定の車内向けにオーディオ出力を補正します。Vitalizerソフトウェアは、出力のイコライゼーションを調節して、環境ごとに最適な聴取体験を実現します。詳細な情報は、以下のURLをご覧ください。
http://carvitalizer.spl.info

ケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSPは、最も広く採用されているオーディオ・ボイスDSPファミリーであり、125種類以上の オーディオ・ボイスのソフトウェアパッケージに対応しています。詳細は下記のURLをご覧ください。
http://ip.cadence.com/ipportfolio/tensilica-ip/audio

SPL社コメント:
Thomas Irmen氏(Project Manager)
「ケイデンスのテンシリカHiFiオーディオ・ボイスDSPコアと我が社のVitalizer技術を使用したチップを採用することにより、自動車メーカーと主要な車載インフォテイメント・サプライヤーは、車種ごとに異なる音響に合うように、サウンドを整形し、さらにファインチューニングして、聴取体験を向上させることができます。この協力関係によって、ケイデンスのお客様は、数十年にわたるプロフェッショナルオーディオのノウハウに基づく、最高のプロオーディオ用サウンドツールを利用することができるようになりました。」

ケイデンス・コメント:
Larry PrzywaraGroup Director of Audio/Voice IP Marketing):
「SPL社との協力関係によって、最低のシステムコストで、格段に豊かなオーディオ体験を提供できるようになりました。SPLの革新的音響デザイン技術は、テンシリカHiFi DSPファミリーのアドバンテージを最大限に利用したソフトウェアの非常に良い例となっています。」

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。