最新のテンシリカ・プロセッサで、メモリの電力と面積を最大75%削減

最新のXtensaプロセッサの革新的なプラットフォームはアーキテクチャの大幅な強化を実現

電子設計のイノベーションで世界をリードするケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、1月12日(米国現地時間)、第11世代のTensilica® Xtensa® プロセッサを発表しました。発表された新しいXtensa LX6およびXtensa 11プロセッサでは、革新的なカスタム・プロセッサの命令セットをユーザーが定義することができ、さらに、プロセッサコアの消費電力を最大25%、ローカル・メモリの面積と電力効率を最大75%改善します。

最新版のケイデンスXtensaカスタマイザブル・プロセッサは、すでに入手が可能です。詳しい情報はhttp://www.cadence.com/news/xtensa をご覧ください。

新世代のXtensa 11およびXtensa LX6プロセッサでは、以下のようなアーキテクチャ上の改善が行われました:

  • Xtensa LX6のFLIX(flexible length instruction extensions)が拡張され、4から16バイトまでの任意の命令長のVLIW(very long instruction word)命令が使用可能となりました。これにより、従来のXtensaと比較してコード・サイズを最大25%削減することができ、パフォーマンスを維持したまま、ローカル・メモリやキャッシュのサイズを最大25%削減可能になりました
  • キャッシュメモリを動作中にパワーダウンするオプションにより、動的にキャッシュウェイ数を制御し、ローカル・メモリの消費電力を最大75%削減
  • データキャッシュのブロック・プリフェッチは、MemCpyのような関数を6.5倍高速化し、システムバスからの読み出し回数を23%削減することで、システムの消費電力を削減し、システム性能を向上
  • プロセッサコアのダイナミック・スイッチング・パワーを最大25%削減

ケイデンス・コメント:
Jack GuedjCorporate Vice President of Tensilica Products):
「今回加えられた新たな改善により、テンシリカのプロセッサは、構成変更が可能 (configurable)とされる市場の他のプロセッサコアより遙かに進化したものとなりました。ケイデンスのみがハードウェアとソフトウェア両方の開発ツール生成を自動化していますので、ユーザーは短時間で各アプリケーション向けに完全最適化された多くのプロセッサと最先端のソフトウェア開発ツールを準備することができます。」

Xtensaについて:
ケイデンスが提供するXPG(Xtensa Processor Generator)テクノロジは、通常の固定アーキテクチャによるプロセッサ・ソリューションに、ASIP(Application Specific Instruction-set Processor)ツールによる発展の可能性をうまく組み合わせたものです。すべてのXtensaプロセッサは、最新かつ高性能なRISCプロセッサである、Xtensa命令セットアーキテクチャ(ISA)をコアISAとして共通して実装します。市場出荷のレートは、年間で20億コアを超えており、Xtensaは市場で第2位のシェアを持つプロセッサです。
 Xtensaプラットフォームが持つ、この最先端のCPUとしての能力の上に、ケイデンスはさらに、市場をリードするHiFiオーディオDSPファミリから、非常に高性能なイメージングや通信向けDSPなど、数十ものDSPオプションを提供しています。Xtensaプラットフォームのユーザーは、これらのDSP ISAを単に選択するだけではなく、専用の命令セットを追加で定義することもできます。共通のコアISAを欠く他のASIPツールとは異なり、Xtensaプラットフォームで作られたコアは、ツールやパートナーによる完全なエコシステムに支えられ、225社にも上るユーザーをサポートしています。今日の最先端のSOCでは、数十ものプログラマブルコアが含まれますが、Xtensaプラットフォームにより、様々に最適化されたコアを単一の共通アーキテクチャとツールセットの元でSOCに配置することができます。 

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。