ARMとケイデンス、モバイルマーケット向けにエネルギー効率の優れた包括的なメディアコンポーネントを提供

両社の協力により、リッチなビジュアル体験を実現しながらシステムが必要とする帯域および電力要件削減

 電子設計のイノベーションで世界をリードするケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)およびARMは、2月2日(米国現地時間)、両社間の新契約により、ケイデンスがARM Frame Buffer Compression(AFBC)プロトコルのライセンスを取得したことを発表しました。これにより、ケイデンスのテンシリカImage Video Processing(IVP)DSPは拡張され、ARM® Mali™メディアIPスイートと共に使用できるようになります。この拡張によって、ARM、ケイデンス両社のメディアIPを利用する広範なモバイルユーザーは、必要となるシステムの帯域および消費電力を大幅に削減することができます。さらにこの契約によって、ケイデンスのDisplay Transmitter PHYが、新しいARM MaliメディアIPスイートに対応し、ユーザーにリッチなビジュアル体験を提供します。

 新製品のARM MaliメディアIPスイートは、Mali-V550ビデオアクセラレータ、Mali-DP550ディスプレイプロセッサ、Mali-T800 GPUシリーズの組み合わせたもので、リッチなビジュアルコンテンツを効率良く表示するために設計された統合メディアIPのソリューションです。また、テンシリカIVP DSPは、ARMのGPUとビデオIPを補完するもので、イメージ処理、ビデオ、コンピュータビジョンで用いられる複雑なアルゴリズムの実行に最適なDSPです。さらに、Display Transmitter PHYは、ディスプレイ向けのフィジカルIPソリューションで、Mali-DP500およびMali-DP550ディスプレイプロセッサと共に動作して、MIPI DPIやDSI、eDP、HDMIをはじめとする、モバイルおよびコンシューマ向けの主要なディスプレイ標準に対応しています。ARMとケイデンスの今回の協力により、お客様は最適化された魅力的なすばらしいビジュアル体験を享受することができます。

 テンシリカIVP DSPとDisplay Transmitter PHYの詳細な情報は、それぞれhttp://www.cadence.com/news/TenIVPDSwww.cadence.com/news/DTPHYをご覧ください。

ARMコメント:
Mark Dickinson氏 (General Manager, Media Processing Group):
「ケイデンスはIPエコシステムの重要なパートナーであり、今回の協力により、広範囲に渡るコンシューマ向けの機器に対して、高度に差別化され電力効率に優れたマルチメディアソリューションを実現することができました。両社共通のお客様は、この協力の多大な恩恵を受けて、必要とされるシステムの帯域を削減することができます。その結果、システムの消費電力要件を緩和して、システムレベルの統合作業を加速することが可能となります。」

ケイデンス・コメント:
Steve RoddySenior Group Director, Tensilica Marketing):
「AFBCのライセンス取得により、ケイデンスのIPがARMのMaliメディアIPスイートとシームレスに動作するようにARMとの協力を進めます。また、ARMとの長期にわたる協力を通じ、エネルギー消費を最小限に抑え、ボリュームマーケットにいるモバイルユーザーに恩恵をもたらす技術革新の継続的な提供にも努めます。」

CadenceおよびCadenceロゴはCadence Design Systems, Inc.の登録商標です。
その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。