モバイルデバイスの画像処理ソリューションについて、モルフォとテンシリカがパートナーとして協力

アメリカ、カリフォルニア、サンタクララおよび東京– 2013年2月12日 – Tensilica®, Inc.(以下、テンシリカ)と株式会社モルフォ(以下、モルフォ)は本日、協業として、テンシリカの新たなIVPイメージングDSPに対してモルフォの革新的なモバイルイメージングソフトウェアを移植することを発表しました。モルフォは数年前からTensilica Xtensions™パートナーであり、そのイメージングアルゴリズム開発における広範囲なバックグラウンドをもとに、 両社共同の顧客をサポートしてきました。

テンシリカ社長兼CEOのJack Guedjは次のように述べています。「モルフォは、カメラを搭載したモバイルデバイス向けの画像処理ソフトウェアやアルゴリズムに非常に高い専門技術を持っています。主要な企業の多くがすでにモルフォのソフトウェアを採用していることから、それらが私たちのIVP DSP上に移植された場合の性能や効率に興味をもつことでしょう。」

モルフォの代表取締役社長の平賀督基氏は次のように述べています。「効率が良く、低消費電力であるテンシリカのイメージングDSP IPコアは、私たちのイメージングソフトウェアに非常にマッチしています。私たちはマーケットにおける高度なイメージングソリューションへの強い関心をあり、この分野においてテンシリカと協力できることを楽しみにしています。

IVPはイメージングおよびビデオ処理向けのデータプレーンプロセッサ(DPU)であり、 モバイルハンドセットやタブレット、デジタルTV、車載機器、ビデオゲーム、コンピュータビジョンといったアプリケーションで必要とされる、イメージングやビデオ、ジェスチャー検出の複雑な信号処理を実行するのに理想的なコアです。IVPは、イメージングおよびビデオのピクセル処理にチューンされた固有の命令セットを持ち、単一命令発行のベクトル命令を持つ典型的なホストCPUと比較した場合、16ビット・ピクセルの処理に関して16倍以上の命令スループットを持ちます。ホストCPUに対する命令スループットのアドバンテージに加えて、IVPがサポートするイメージングに特化した複合命令により、10倍から20倍のピークパフォーマンスと良好なエネルギー効率を両立します。IVPのリッチな命令セットには、イメージングやビデオ、コンピュータビジョンを対象としたベクトル命令が300命令以上含まれ、そのそれぞれの命令が、1サイクルあたり16ビット・ピクセルで32ピクセル以上の処理が可能です。

モルフォについて

2004年設立のモルフォは、モバイルデバイスのソフトウェア画像処理の分野で堅固なブランド認知を確立しています。モルフォのソフトウェア技術を採用した企業には、キャリア、プロセッシングプラットフォームプロバイダ、モバイルデバイス製造メーカーなどあり、モバイルイメージングの分野でグローバルプレーヤーとなっています。詳細については、http://www.morphoinc.comを参照するか、m-press@morphoinc.comまでご連絡ください。

テンシリカについて

テンシリカはデータプレーンプロセッサをリードする企業であり、200社以上の企業にライセンスされています。データプレーンプロセッサ(DPU)とは、DSPとCPUそれぞれの能力を最良の形で融合し、10倍から100倍の性能をもたらします。これはDPUが、テンシリカの自動設計ツールにより、アプリケーション固有で非常に高い信号処理の性能目標に到達するように最適化できるからです。テンシリカのDPUは、主要なシステムOEM企業や、大手半導体企業の上位10社のうち7社に採用されており、モバイルワイヤレス、通信及びネットワーク・インフラ、コンピューティング及びストレージ、ホームエンターテイメントや車内エンターテイメント向けの設計で広く採用されています。 テンシリカはそのまま利用できる標準コアと、OEMや半導体企業が容易にカスタマイズ可能で差別化できるハードウェア/ソフトウェア・ソリューションとを提供しています。テンシリカの保有する特許、ベンチマーク結果などを含むDPUについての詳細な情報はwww.tensilica.comまたはwww.tensilica.co.jp(日本語)をご覧ください。

# # #

TensilicaはTensilica, Incの登録商標です。モルフォは株式会社モルフォの登録商標です。その他記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。