オーディオ/ボイス/スピーチ


HiFi DSPでオーディオやボイス、スピーチなどの処理を成功に導きましょう

次世代の設計に、最高かつ最も普及しているオーディオ、ボイス、スピーチ処理のコアが必要ですか?ソフトウェアの全てが移植され、すぐに導入できますか?

HiFiオーディオDSPでオーディオやボイス、スピーチなどの処理を成功に導きましょう50社以上の主要な半導体メーカーやシステムOEMが、テンシリカのHiFiオーディオDSPを製品に採用しています。あなたもいかがでしょうか。

広大なレンジにわたるコーデック

オーディオやボイス、音声認識、オーディオエンハンスメント、ボイスエンハンスメントなどのソフトウェアパッケージが100種類以上がすでに対応しています。テンシリカが必要なソフトウェアを供給します。ソフトウェアの移植は基本的に必要ありません。独自のソフトウェアを移植したい場合にも、C言語で完全に移植することができます。そのC言語の移植で、他のDSPにおけるアセンブラレベルの性能を出すことができます。

コーデックのリストを見る >

4コアから選択

  1. HiFi Mini Audio DSP - 音声トリガーや音声認識を常時行う用途に適した、最小かつ最も低消費電力のDSPコア
  2. HiFi 2 Audio DSP – 最も普及しているオーディオDSP。効率が良く、MP3オーディオ処理では最も低消費電力です。
  3. HiFi EP Audio DSP – DTS Mater Audioに最適化されたHiFi 2のスーパーセット。ボイスの前処理/後処理やキャッシュメモリサブシステムの性能を向上
  4. HiFi 3 Audio DSP – オーディオエンハンスメントのアルゴリズムやワイドバンドのボイスコーデック、マルチチャネルのオーディオで効果の高い32ビット処理を追加

オーディオコアを比較 >

HiFiコアの比較表

 HiFi MiniHiFi 2HiFi EPHiFi 3
アーキテクチャ比較
アーキテクチャ 24ビット 24ビット 24ビット 32ビット
VLIWスロット 2 2 2 3
MAC 24x24 32x16 24x24 32x16 24x24 32x16 32x24 4 MACs operating as: 4 24x24 or 4 32x16 or 2 32x32 or 2 32x24
ロードストア 64ビット 64ビット 64ビット 64ビット
音声の前処理/後処理に対するDSP最適化 X X
プリフェッチによるキャッシュメモリサブシステム性能の向上 X X
FFT、FIR、IIRに対するDSP性能の拡張 X
音声コーデックに対するITUサポート X
Eclipseベースのソフトウェア開発環境 X X X X
ソフトウェアコーデックライブラリ X X X X
DTS MASTER AUDIO

Primary Audio: DTS Master Audio 24.5 Mbps, 5.1 channels, 192 kHz

Secondary Audio: DTS-LBR (DTS Express) 256 Kbps, 48 kHz Decoding

DTS Transcode, Upsample, Downsample, Mixing, Others

対応不可 362 MHz 296 MHz 233 Mhz

詳細については、HiFi Product Brief(英語版)をご参照ください。

さらなるメリット

オーディオDSPに加えて制御


このHiFiオーディオDSPの4種類の全ては、テンシリカのXtensa LXプロセッサにクリックボックスで追加できるオプションであるため、ベースとなるXtensa命令セットを全て搭載しています。このことは、オーディオだけではなく、制御アプリケーションに対しても優れた性能を示すことを意味しています。

あなたの要求に応じてカスタム化(Customizable)


HiFi DSPもXtensa LX DPUをベースとしているため、Xtensa LXの柔軟性をほぼ全て兼ね備えています。一例を挙げると、

  • キャッシュやローカルメモリの追加や削除といった完全な柔軟性
  • ポートやキュー、ルックアップといったRTLライクなインターフェースを追加可能
  • カスタム命令の追加可能。カスタム命令にはコンパイラも完全に対応

などです。詳細はXtensa製品のセクションをご参照ください。

低消費電力


HiFi 2 DSPでは、128Kbps、44.1KHzのMP3のプレイバックはわずか5.7MHzの動作周波数で済み、このときTSMCの65nm LPプロセス(メモリ込み)を使用すると、消費電力はわずか0.45mWです。これにより、バッテリーライフは100時間超にもなります。

オーディオおよび音声処理に最適化


テンシリカのHiFiオーディオDSPは、オーディオおよび音声処理向けに最適化されたソリューションです。ハードウェア実装と同等のパフォーマンスでありながら、柔軟性と迅速な市場投入、プロセッサベースのソリューションによるリスク低減といった特性を兼ね備え、さらに面積と消費電力を削減しています。

HiFiオーディオDSPは、テンシリカのXtensa LXプロセッサの技術を利用して、カスタム命令(優れたコード密度、少ないサイクル数)や柔軟なデータパス幅(サイクルあたりの高い効率性)、複数命令の同時実行(VLIW)、複数データの同時処理(SIMD)といった機能を追加しています。Eclipseを基盤とした包括的なソフトウェア開発環境は、ソースコードエディタから、デバッガ、ISS、最適化コンパイラ(優れたコード密度を発揮)など全てのツールを提供します。

音声トリガと音声認識の常時稼働に対して最適化


テンシリカのHiFi Miniは、最小のサイズで最も低消費電力なDSPであり、音声トリガや音声コマンドモードの常時稼働に適しています。HiFi Mini DSP IPコアはハンズフリー体験を可能にします。テンシリカは現在、センサリやその他のソフトウェアパートナーと共同開発を行っており、最適化された音声起動や音声コマンド認識、音声前処理、ノイズ除去などのソフトウェア製品をHiFi Mini DSP用にラインナップしていきます。

 テンシリカは、音声トリガおよび音声認識のために可能な限り省エリアで超低消費電力になるように、HiFi Mini DSPコアを2つの方法で最適化しました。ひとつは、コアにコンパクトな40ビットの命令エンコーディングを採用し、コード・サイズを大幅に小さくしました。次に、オーディオおよび音声コーデック用に最適化された効率の良い16ビット命令を追加したことです。 

デジタルラジオ向けコーデックの全てが揃います


世界中のデジタルラジオで必要なデコーダの全てがHiFi DSPで実行可能です。

  • HD Radio – iBiquity Digitalより提供
  • DAB - MP3デコーダとして入手可能
  • DAB+ - Dolbyの認証済み
  • DRM – Dolbyの認証済み
  • XM-Satellite – XM Satelliteより提供
  • T-DMB – BSACデコーダとして入手可能
  • ISDB – AAC、HE-AACデコーダとして入手可能

Cで完全にプログラミング可能


全てのHiFiオーディオDSPは、完全にC言語でプログラミング可能です。アセンブラは必要ありません。HiFi DSPに独自のアルゴリズムを移植する場合も、移植作業は簡単で時間はかかりません。

即座に設計を開始できます


全てのHiFi DSPは予めパッケージングされており、すぐにSOC設計に組み込むことができます。90種類以上にも及ぶソフトウェアコーデックやオーディオ、音声、サウンドのエンハンスメントパッケージはそのまま利用可能です。ソフトウェアの移植は必要ありません

サウンドエンハンスメントアルゴリズムに最適な特徴


スマートフォンからホームステレオレシーバーまでの全てのオーディオは、オーディオの後処理が非常に重要になってきています。

音声では、スマートフォンの要件はナローバンドからワイドバンドのコーデックへと移りつつあり、ノイズ抑制やノイズに応じた音量コントロール、雑踏でのサウンド品質の改良などのその他アルゴリズムが求められています。

ホームエンターテイメントやカーオーディオでは、オーディオエンハンスメントソフトウェアが著しくユーザー体験をリッチにし、重要な競争優位性を生み出します。

ゲームコンソールでは、没入できるようなプレイ体験を実現するために、最大で32個のストリームが要求されます。

ブルーレイディスク


HiFiオーディオDSPは、ブルーレイディスク、セットトップボックス、ハイエンドのホームエンターテイメントレシーバ向けのSOCに既に組み込まれてきました。

HiFi EPで行われたアーキテクチャの改善により、DTS Master Audioのデコードが著しく改善し、外部メモリのレイテンシが大きい場合にもパフォーマンスへの影響が少なくなっています。HiFi EPの場合、65GPプロセスでシングルコアのブルーレイディスクSOCを容易に実装することができます。さらにその他のオーディオ機能を持つためのスペアとなるMHzを確保することもできます。

HiFi 3 DSPの32ビットアーキテクチャは、高度なオーディオエンハンスメントアルゴリズムに必要な周波数を著しく低減し、消費電力も合わせて低減します。

余裕のあるパフォーマンス


HiFiオーディオアーキテクチャの効率の良さから、オーディオのデコードやエンコードを実行するのに、HiFiオーディオDSPは非常に低い動作周波数で十分です。したがって、その他の制御タスクや信号処理タスクを実行するのに十分な余裕があります。

詳細については、HiFi Product Brief(英語版)をご参照ください。

The Industry's Most Powerful and Complete Design Environment

Port C to HiFi

 

Port Software Quickly in C

A key advantage of the HiFi DSPs is that they use a simple programming model. Software developers can port audio, voice, and enhancement software codecs completely in C, while maintaining or surpassing the performance of assembly on other DSP and CPU architectures. This minimizes the time required to port and maintain special or proprietary audio software.

 

DPU design process

 

For Processor Designers

Tensilica delivers patented, proven tools that automate the process of generating your HiFi-based DPU along with matching software tools. These tools have been proven in hundreds of designs and the results are guaranteed correct by construction.

View the complete set of tools for processor designers.

Softwre development process

 

For Software Developers

The Xtensa Software Developer's Toolkit provides a comprehensive collection of code generation and analysis tools that speed the software development process. Tensilica's Eclipse-based Xtensa Xplorer Integrated Development Environment (IDE) serves as the cockpit for the entire development experience.

View the complete set of tools for software developers.

Over 100 Software Packages Already Supported by HiFi

The following audio, voice, and audio and voice enhancement software packages are available for the HiFi 2, HiFi EP, and HiFi 3 Audio DSPs. See the product brief for detailed performance information.

Audio Codecs

  • AMR Wideband+ Decoder
  • AMR Wideband+ Encoder
  • Blu-ray Disc
  • Bluetooth SBC
  • DAB/MP2 Decoder
  • DAB+ Decoder
  • Digital Rights Mondial (DRM)
  • Dolby Digital AC-3 Decoder, 5.1 channel
  • Dolby Digital AC-3 Consumer Encoder 2, 5.1 ch
  • Dolby Digital Compatible Output Encoder, 5.1 ch
  • Dolby Digital Plus 5.1 ch Decoder/Converter
  • Dolby Digital Plus 7.1 ch Decoder
  • Dolby MS10 Decoder
  • Dolby ProLogic II and IIx Decoder
  • Dolby Digital TrueHD Decoder
  • Dolby Volume
  • DTS
  • DTS Broadcast and DMP
  • FLAC Decoder
  • MP3 Decoder
  • MP3 Encoder
  • MPEG-4 aacPlus v2 Decoder,2, 7.1 ch
  • MPEG-4 aacPlus v2 Encoder
  • MPEG-4 aacPlus v1 Decoder 2, 7.1 ch
  • MPEG-4 aacPlus v1 Encoder
  • MPEG-2/4 AAC LC Decoder 2, 7.1 ch
  • MPEG-4 AAC LC Encoder
  • MPEG-4 BSAC Decoder
  • Ogg Vorbis Decoder
  • RealAudio 8, 9, and 10 Decoder
  • Spirit DSP Audio
  • WMA Decoder
  • WMA Encoder
  • WMA 10 Pro Decoder
  • WMA 10 Pro Lossless Decoder

Voice Codecs

  • AEC Wideband Speech Codec
    AMR Narrowband Speech Codec
  • AMR Wideband Speech Codec
  • G.729AB Speech Codec
  • GSM-EFR Speech Codec
  • GSM-FR Speech Codec
  • GSM-HR Speech Codec

Audio & Voice Partners

Learn More About Tensilica's HiFi DSPs

Chris Rowen Discusses the Growing Demands of Audio Devices

Chris Rowen, Tensilica CTO, discusses the explosion of audio and the growing technical demands across a wide range of devices and applications at Globalpress 2012.

 

 

Seriously considering using HiFi DSPs in your next SoC design but want to learn more? Here are some things you should explore:

Product Literature

Title File Size Last Modified
HiFi 2 & HiFi EP Audio/Voice DSP Product Brief
Tensilica’s HiFi 2 and HiFi EP Audio/Voice DSPs provide proven, fully optimized approaches to embedding multi-standard audio into SOC designs.
233 KB 06/06/2012

Hardware/Software Design Tools

Title File Size Last Modified
Xtensa Processor Developer's Toolkit Product Brief
Use the Xtensa Processor Developer’s Toolkit (PDK) to customize your Tensilica DPU. This Eclipse-based IDE has a full GUI that lets you pick your configuration options and add simple Verilog-like TIE for further customization.
228 KB 06/06/2012
Xtensa Software Developer's Toolkit Product Brief
If you need to develop application code for an Tensilica DPU,the Xtensa Software Developer’s Toolkit provides a comprehensive collection of code generation and analysis tools that speed the development process.
734 KB 06/06/2012

ホワイトペーパー

Title File Size Last Modified
Put Low-Power, Low-Overhead, High-Fidelity Digital Sound in Your Next ASIC or SOC
This paper explains the benefits of using a programmable processor-based solution for audio processing in SOC designs, as well as the disadvantages of using a RISC or other general-purpose core. It explains the 300 audio-specific instructions added to make the HiFi 2 Audio DSP much more efficient than a standard RISC processor to handle audio processing tasks.
125 KB 03/27/2009
Seven Critical Questions to Ask When Selecting a Digital Audio Solution for Your Next Mobile SOC Design
The complexity of delivering a mobile audio IP solution to SOC designers causes design teams to ask many, many questions before choosing an audio core and associated codecs. That's a good thing. The selection process is complex, and the more information you have before making the decision, the better. Experience shows that design teams' questions about mobile audio solutions fall into seven broad categories.
36 KB 03/22/2011

Did You Know?

Did You Know?

Tensilica is the largest privately held semiconductor IP licensor?

©2017 Tensilica Inc. All rights reserved.